« ネット議論のあり方 | トップページ | 西村玲さんの記事に関してご意見有難うございました »

2019年4月19日 (金)

朝日新聞小宮山亮磨氏の記事に関する私見

 8年近く放っておいたブログが、今でも残っていたことに自分でも驚いていますが、久しぶりに記事を書きます。

 朝日新聞(大阪本社版)2019年4月18日朝刊に「若手で受賞 でも20超す大学不採用――研究者は追い込まれていった」という記事が掲載されました。一面と、さらに続きが33面にも出る大きな記事です。執筆者は小宮山亮磨記者です。じつはそれ以前にネット版にも掲載されていました(多少違いがあるようですが)。概要は以下で読めます。

 https://www.asahi.com/articles/ASM461CLKM45ULBJ01M.html

私の名前が出るところから、何人かの方から私宛にも問い合わせをいただきましたので、私の意見を表明するほうがよいと考えました。小宮山記者には事前に本稿を送り、誠意あるご返事をいただきました。私としては、決してケンカを売るつもりではなく、あくまでも私の意見を述べ、議論を進めたいという意図ですので、その点、誤解のないようにお願いいたします。

    *

 はっきり言って、この記事は不適切なものであると考えますので、以下私の意見を記し、同記者に抗議します。簡単に言えば、記事の中の事実に大きな誤りがあるわけではないのですが、一部の事実のみを記すことで、あらかじめ用意した結論に無理やり結びつけるという手法であり、読者をミスリードするものです。

 まず経緯ですが、事前に私に対して電話取材がありました。その時に、無理に一方的な結論に結び付けようとする誘導尋問的な語り方でしたので、そのように単純な問題ではないことを申し上げ、下記のような問題点も指摘しました。死者を自分の都合のよいように利用するということは厳に戒めるべきことであり、できるならば記事にしないでほしい旨、要望しました。ただ、それ以上は私にできることではなく、従って、私がしゃべったことを断片的に談話として使うことは拒否しました。ただ、私の書いたものから引用するのは、すでに公表したものですので、私としても拒否できませんので、記事には引用として私の言葉が出ています。しかし、出典を明記していないので、この掲載の仕方は不適切です。また、本来このような人の死と関係する複雑な問題は、きちんと対面取材すべきであり、電話で簡単にコメントを取って、自分に都合よく使うというようなことをすべきではありません。

 ちなみに、私はN氏が学振の特別研究員の際の受け入れ教員であり、それ以後、アドヴァイスは行っていますが、正式の指導教員ではありません。ただ、ずっとさまざまな場で共同研究を行ってきました。従って、記事に「指導してきた」というのは厳密には間違いですが、私も電話取材で「指導」という言葉を使ったところもありましたので、これは私が誤解を招いたところとして訂正します。

 ここでこの記事の問題点ですが、確かに取り上げられたN氏(享年43歳)が、安定した収入を伴う研究・教育職に就いていなかったことは事実です。そのことが精神的な不安定を招き、その後プライベートな問題で自死に追いやられたということも、まったく間違っているとは言えない面があります。ただ、人の生死を無理やりに一つの原因に結び付けるのはしてはならないことです。しかし、小宮山記者は、記事自体の中では、N氏が死に追いやられた事実を追うように見せながら、最後のところで「博士急増でも教員ポスト増えず」「国の交付金減り大学は財政難」という、現在の大学の問題を取り上げて、結局はN氏の死を、国の大学政策に結び付けるという方向付けを与えています。もちろん、今日の大学政策がいいとは言えません。この部分に関する限り、この指摘はこれで正しいところもあります。しかし、N氏の自死を現今の大学政策批判に直結させ、後者を結論として出すためのインパクトのある実例として、N氏の自死のことを利用したという形になっています。これは完全にミスリードで、認められません。

 まず指摘したいのは、小宮山氏は、N氏の問題を大学問題一般の問題に解消し、それを近年の大学政策を批判するという文脈に結び付けていますが、これは不適切です。N氏の研究分野は、日本思想史であり、そのなかでも近世の仏教思想を専門としています(このことは記事に書かれています)。従って、仏教学や宗教学とも関係するもので、その方面の学会でも発表しています。私自身は仏教学が専門であり、その方面から日本思想史や宗教学とも関わっています。私は、東京大学の印度哲学(現インド哲学仏教学)研究室の出身であり、その教員として学振特別研究員のN氏を受け入れました。しかし、この分野は最近就職がなくなったというのではなく、創設以来、就職の困難な領域でした。私自身も、大学の助手(いまの助教)を3年務めた後、任期で退職し、その後、安定した職を得るまで5年間就職浪人をしました。その間、職業安定所(今のハローワーク)にも通い、失業手当も受けました。40年も前のことですが、N氏とまったく同じ状況でした。従って、N氏の精神的に不安定な状態は、私自身もまったく同じことを経験しているので、よく分かります。私は37歳で職を得ましたが、N氏はそれより遅れています。しかし、今日全般に研究教育職への就職が遅れているので、40代半ばというのは普通です。それ故、それを直ちに最近の大学政策に結び付けるのは間違いです。

 確かに大学院重点化以後、ポスドクの就職の手当てが十分でないということは問題です。大学院重点化により、大学院生を定員まで増やすようにという圧力は大きいものがありますが、それに対しては、それぞれの専門で工夫していますし、特に修士課程から博士課程に進学させる場合はかなり絞っています。私どもの専門では、多少院生は増えていますが、外国人留学生や、定年後や他の専門を経た方の再入学も多いので、ただちにそれで若い人の就職難が大きくなったというわけではありません。そのように、国の大学政策のせいで一律に問題が起ったという書き方はミスリードするものです。

 私どもは、研究者の人数も少なく、厳しい状況の中で、長い伝統を守りながら、地味な研究を続けています。それは決して世間の脚光を浴びる分野ではありません。就職や収入も不確かです。それでも、研究が好きで、誇りをもって日々の研究を進めているのです。億単位の金が動く理科系とはまったく異なるのであり、それと同一に論ずるのは間違っています。

 それと関係して、N氏がまったく就職と無縁であったかのような書き方も間違っています。N氏は公益財団法人中村元東方研究所の専任研究員という専任職を持っていました。この研究所は、もともと私の恩師でもあるインド哲学の大家中村元先生が創設したものですが、中村先生は学生時代、尊敬する先輩がやはり就職がないということから自死したということがあり、職のない若い研究者を救済するということを大きな目的として、同研究所の原形である東方研究会を設立しました。確かにそこでは生活するに足る給料は出ませんが、奨学金の返済免除、科研の応募資格など、研究上の便宜はきわめて大きく、若い研究者にとって、大変心強いものです。私自身も就職浪人中、専任研究員として所属していました。このように、この分野の就職難は最近の政策の故ではありませんし、それに対して、研究者の側もまったく自衛策をとって来なかったわけではありません。そのことは、電話取材で私もきちんと申しましたが、今回の記事では完全にスルーされました。記事の最後に、「科学技術政策に詳しい」という方のコメントが出ていますが、N氏の場合から見ればまったく見当違いの内容であり、おそらくN氏の事情を知らされないままに、記者から求められて出したコメントであろうと思います。

 最後に、この記事は、N氏の研究上の業績にはほとんど触れることなく、「ずっと研究していたかった」というようなお涙頂戴式のリード文で、「経済的困窮」を際立たせるのは、死者に対して大変失礼なことであり、してはいけないことです。N氏は、2冊の著作(1冊は没後ですが)を有し、優れた成果を着実に上げてきた第一線の研究者であり、学会でも次第に指導的な地位に向かいつつありました。存命していれば、おそらくまもなく大学の責任ある職についたであろうと推測されます。確かに生活上の悩みはあったとしても、まず研究者としての実績に注目すべきであり、裏のプライベートな生活を暴き立て、非常に一面的な偏見を持った視点から、自分の主張のために利用するというようなことは、許されることではありません。ここに強く抗議致します。

 ちなみに、これは私の偏見かもしれませんが、もしN氏が男性であれば、このような記事の書き方になっただろうか、という疑問を持ちます。ジェンダーバイアスがなかったかどうか、これも十分な検討を要するところかと思います。

« ネット議論のあり方 | トップページ | 西村玲さんの記事に関してご意見有難うございました »

コメント

息子が大学院の博士課程で学んでおり同じく就職に大変困っており 全く人事ではなく朝日新聞の記事は丹念に読みました 彼女は中村元先生と同じ研究をなさっていらしたのですね 私も昔 中村先生の著作を読んで学ぶことが多かったので更に親近感が湧きました 生きていらしたら彼女とお話してみたかったです 仏教を学びながらも彼女の絶望を救えなかったのは一体どれ程の困難がそこにあったのか全く推察の余地がありません  文章中ひとつだけ気になった点がありました 億単位の金が動く理系の分野ってどこですか 息子は地球物理学をやっていますがほとんど自腹です 経済的に余裕のない家庭に生れた研究者は日本では生きていき辛いのは理系も文系も同じだと思います でも新聞の記事だけを鵜呑みにせずに考えることができました ありがとうございました

>ちなみに、これは私の偏見かもしれませんが、
>もしN氏が男性であれば、このような記事の書き方になっただろうか、という疑問を持ちます。

文科系ポスドクとジェンダーバイアスの話をされるのであれば
事件の涙「そして、研究棟の一室で~九州大学 ある研究者の死」(昨年末 初回放送、先月再放送済)
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/92894/2894212/index.html
こちらの九州大学放火自死事件の経過をあたられてみる価値があるかと思います。

あれだけ目を掛けていたのに、厳密に言えば私はN氏を指導していませんって、それはあんまりでしょう。あなたはN氏を自分の後継者にするつもりだったんじゃないのですか。

「存命していれば、おそらくまもなく大学の責任ある職についたであろうと推測されます。」

亡くなられた今これを言うのはいかがなものかと思います。

たしかにインド学仏教学の分野は、90年代に国が進めた「大学院重点化」よりもっとずっと前から、大学に就職するのがむずかしいことはよく知られていました。博士課程に進む人は、それを覚悟の上で進んだのであり、そのため研究の傍ら、予備校などでバイトを働いたり、いろいろと自衛のためにあれこれ工夫して、学問を楽しんでいました。むしろ最近は学術振興会特別研究員の制度の充実などで、はるかに昔の大学院生よりも経済的に楽に研究が進められるようになっていると感じます。新聞記事の最近の国の大学政策の犠牲になった、という見方を、彼女のケースにむりやり適当してはいけませんね。

彼女が就職できなくて自殺したのは事実なので、朝日の記事がミスリードだとは思いません。

良くない結婚で、精神的に追い詰められたのでしょうが、そもそも、研究者として経済的に自立できていれば、結婚を焦ることも無かったはずです。

他の方も書いていらっしゃいますが、彼女が亡くなってから、「存命していれば、まもなく大学の責任ある職に就いたであろうと推測」と言うのは、無責任かつ卑怯だと思います。

特に就職が難しい研究分野だと、ご自分でも書いていらっしゃるじゃないですか。

「就職できたはずなのに、彼女が死に急いでしまった」と読み手をミスリードする文章で、朝日の記事より悪質だと思います。

彼女が就職できなくて自殺したのは事実なので、朝日の記事が間違っているとは思いません。

良くない結婚で、精神的に追い詰められたのでしょうが、そもそも、研究者として経済的に自立できていれば、結婚を焦ることも無かったはずです。

他の方も書いていらっしゃいますが、彼女が亡くなってから、「存命していれば、まもなく大学の責任ある職に就いたであろうと推測」と言うのは、無責任かつ卑怯だと思います。

特に就職が難しい研究分野だと、ご自分でも書いていらっしゃるじゃないですか。

まるで「就職できたはずなのに、彼女が死に急いでしまった」と読み手をミスリードする文章で、悪質だと思います。

学振の受入教授に過ぎなかったのに、彼女の研究全般の指導教授であるかのように、世間に誤解されて、困惑していらっしゃるのでしょうが、朝日記者への抗議という名目で、釈明めいた文章を盛り込む必要はないと思います。

ジェンダーバイアスについても、女性研究者が、男性研究者よりも、不利な立場に置かれがちなのは事実なので、そういう現実を踏まえて、朝日記者は、あのような記事の書き方をしたわけで、個人的に、記者は、現実をちゃんと捉えて記事を書けているなと感じました。

「私も同じような時期を過ごした」から、40年後の現在も「同じ経験」を容認するのは、兎跳びや水を飲まない練習が「是」であった時代を過ごした往年の選手が、プロ野球選手を目指す才能有る青年に「兎跳び」を容認し、青年が自死したら、「我慢して続けていれば、近い将来スカウトされたのに」と云う事でしょうか?
故人のプライバシーにも関わるような、「言えないこと」も多々ある中での御反論とは存じます。また末木先生に「自死」の責任や「現状の若手研究者の研究環境」を劇的に変える責任がお有りとも考えておりません。
しかしながら、末木先生の意識無意識にかかわらず、世間では「影響力のある大家」としての印象があります。
中村元先生の思いを知りながら、その状況をご自身の苦労を前提に是認する立場をお示しになっている点に対して、とても残念に思います。

 大学院を出て学者になろうとするこの学問の世界は、プロの相撲取りになろうとする相撲界に似ていますね。
 相撲のプロとしてTVに出てくる十両以上の「関取」は、全力士の1割未満(およそ700余名中70名)にすぎません。つまり多くの弟子は、蔵前の国技館での華やかな活躍を見せることなく、志半ばにして引退していくのが現実です。
 ポストの数が限られていますから、全員が「関取」になることはありえません。弟子たちの大半が途中でやめてゆくことを前提にして、部屋は新弟子を募集し続けねばなりません。
 相撲界では、5年ほどやらせてみてから、親方がタイミングよく、弟子たちの肩たたきをします。そして就職希望先への推薦・紹介を、所属する部屋ならびに関係者が積極的に行うことによって、志がかなわなかった弟子たちが、誇りをもって別の人生に再出発できるようにしています。辞めてゆく弟子たちのセカンド・キャリアへの積極的な取り組みなくして、どの相撲部屋も存続できません。
 相撲部屋が、部屋としての家族的な一体感・繋がりというものを大事にして、辞めてゆく弟子たちの就職の世話・斡旋をうまく機能させているのに対して、大学の研究室は育てた弟子たちをほったらかしにして、辞めるか続けるかを、あくまで本人たちの一生の決意の問題にしてしまいがちです。
 大学の人文系の研究室は、かつては所属するメンバーにとって家族的な一体感をもっていたのですが、今では研究室というものの境界が曖昧になり、家族的な一体感がほぼ失われてしまっているので、辞めてゆく人々を心配したり世話したりすることは稀になっています。今の研究室は、相撲部屋のような再就職斡旋の役割を果たすことはできません。
 辞めてゆく研究者のセカンド・キャリアへの取り組みは、今や指導教員や研究室の責任ではなく、もっと大きなシステムを構築して行わねばならない時代になっているといえるでしょう。
 彼女の死に対して、指導教員を責めたりするのはやめましょう。

 大学院博士課程修了者(現在その多くが博士号取得)の就職困難さを知っている者として、記事にあるようなことも起きるだろうな、と残念な思いです。ただ記事では、指導教員の責任は問うていないはずです。それゆえ、指導教員の方の応答、論点がずれています。
 就職困難さは事実です。ただそれは、専門分野ことでおおきくことなり、研究室の性格などによってもことなります。文科系でむずかしいのは、思想系(哲学、宗教学、倫理学、インド哲学、仏教学、キリスト教学など)で、インド哲学、仏教学系は特にむずかしい。大学にそういう講座がないからです。特に記事の研究者の近世仏教史など無きにひとしい(仏教系大学の宗門教学は除く)。問題は、指導教員がこのことを直接研究者にはっきりと説明していたかです。私の出身の大学での大学院入試の面接では、ここに来ても就職はない、それでもきたければ、来い、が定番でした。それゆえ40になって就職がなくとも悠然としている連中がおおかった。私も就職したのは35才。
 そして現在はさらなる残酷問題がある。借金としての奨学金です。奨学金をえて大学院を修了すると、300万円ほどの借金をせおうことになる。同じ大学院生どうしで結婚すると600万円の借金です。これに就職困難がかさなる。研究者になるのは地獄です。学術研究を担う若者が育たない。自死にもひとしい悲惨な生活におちこんんだ優秀な研究者がたくさんいるのです。朝日の小宮山記者には、このルポを徹底的にやってほしい。
 わたしは、10数人の博士取得研究者を指導してきましたが、さいわいに、就職率はけっこういい。というのは、就職の困難さを教えるとともに、厳しい論文指導を通じて学術論文を多く仕上げさせたからです。厳しいというとスパルタ教育みがいですが、逆です。平明な文章の指導です。それは、履歴書やメールの書き方、財団研究費応募用紙の1頁の研究計画書の指導など、ごく基本的な文章の指導が中心でした。研究に深く入り込みやすいマニアックな研究者は、あまり常識的でなく、平明な文章が書けないのです。何を研究しているか、両親や中学生の弟妹にもわかるように書け。学問のふりをして難しそうな用語をつらねる文章というよりそういう文章を書こうとする大学院生の曲がった根性をたたきなおす、それが私の厳しさでした。しかしこういう訓練をうけると、専門の学術論文も、平明で優れたものになるのです。この「すぐれた」という意味は、自己満足のすぐれたでなく、他人にも面白いと評価されるということです。
 古梅原猛先生は、卒業論文審査で田中美知太郎先生から、「君のは小説かね」といわれ、おもわず「先生のはエッセイですか」と言ってしまったそうですが、実際梅原猛は小説のようにワクワクする哲学書を書き、ギリシャ哲学の泰斗田中美知太郎は、ひらがなばかりのエッセイのように軽妙な哲学書を書き続けた。その梅原先生は40半ばで、立命館大学を辞職、6-7年は浪々の生活をおくり、その間に『隠された十字架』というとんでもない名著をかかれた。
 もちろん、私のような指導を得たからと言って、大学院生がすぐ就職できるとはかぎらない。就職には様々な要因がからみ、運不運、偶然もあるからだ。しかしこうした指導は少なくとも、各自に学問の楽しさを自覚させうるのではないか。これにとりつかれてしまえば、梅原猛のように、自ら大学を去っても、学問の歴史にのこる大研究をなしとげることができるかもしれない。
 このコメント欄には、多くの就職浪人の博士号取得者やその予備軍の方がおおく関心をもっておられるとおもいますので、参考になれば幸いです

上記記事の執筆者です。

皆さまから貴重なご意見を頂き、有難うございます。当初、西村玲さん個人の問題として捉えていましたので、新聞記事に非常な違和感を持ちましたが、確かにそれを離れれば、私自身、若い人たちの就職難の現場にずっといて、ずっとそれを心配してきていました。ただ、それを表立って取り上げる問題とは考えてきていませんでしたが、現役を去った今、少しそれをまとめて考えてみる必要があるかと感じています。少しお時間をください。

優秀な大学院博士課程修了者、博士号取得者、若手研究者に対してポストが少なすぎるのが最大の問題です。日本は学歴社会だと言われることがあるけれど、日本が学歴社会だなんてとんでもない。日本ほど、学歴、高学歴、(たとえ大学院博士課程修了者、博士号取得者であっても)、が評価されない国はないです。優秀な大学院博士課程修了者、博士号取得者、若手研究者が日本を見捨ててしまう時代はもう来ています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネット議論のあり方 | トップページ | 西村玲さんの記事に関してご意見有難うございました »